納豆 ダイエット

ナットウキナーゼってなに?

ナットウキナーゼサプリ 画像

納豆は昔から日本人が食べてきた馴染み深い食品です。
ナットウキナーゼは健康成分として最近注目されていますが、
名前の通り納豆に含まれる酵素の事です。

 

納豆のネバネバに含まれるナットウキナーゼは一体どのようなものなのか
紹介をしていきましょう。

 

 

ナットウキナーゼにはどんな効果がある?

 

まず、ナットウキナーゼの主な効果について紹介します。

 

血流を促す事で高血圧を予防、改善し死に繋がる心筋梗塞や
脳梗塞などの病気を防ぎます。

 

また、血栓を溶かす作用があることからエコノミー症候群を予防する
働きにも期待することが出来るでしょう。

 

コレステロール値や血圧の安定など、血管、血液に特に良い働きを発揮します。

 

血液以外にも腸内でもパワーを発揮し、腸内環境を整えて
老廃物の排出を促し便秘の改善にも効果的です。

 

 

そもそもナットウキナーゼって?

 

ナットウキナーゼは名前の通り納豆だけに含まれる酵素です。

 

納豆を作る際の過程で発酵をさせますが、この発酵過程で
ナットウキナーゼが生まれます。

 

 

ナットウキナーゼの働きは「FU」で表される

 

FUとはフィブリン分解ユニットを略したものです。

 

フィブリンを分解する力を表すFUという単位はナットウキナーゼ
活性を示す数値で、1日あたり2000FUの摂取を日本ナットウキナーゼ協会では
推奨しています。

 

健康維持に役立てる為にはぜひとも推奨量を摂取したいものです。

 

 

では、ナットウキナーゼはどんな働きが?

 

血液の凝固にはフィブリンというタンパク質が関わっています。
これは血栓の主な成分で、血管をつまらせたり血液の流れを
悪くさせたりするのです。

 

納豆には血液をスムーズにする作用が言われているのは
ナットウキナーゼの働きによるもの。

 

フィブリンをナットウキナーゼが分解してドロドロ血液を防ぎます。

 

血栓を溶かす酵素を活性化させたりそれらの酵素を作る組織を
増加させる作用などもあり、徹底的に血栓を溶かす効果を
発揮するため血液の健康の為に注目されているのです。

 

また、血栓を溶かす邪魔になる物質を溶かす時間を短くする作用もあります。

 

血栓の予防にはナットウキナーゼが最適であるといっていいでしょう。

 

何故血栓予防に注目されているのか、良く分かる結果ですね。

 

 

ナットウキナーゼの弱点

 

ナットウキナーゼは熱に弱い性質を持っているため、納豆を食べて
ナットウキナーゼを摂取する場合には加熱をしないという事が基本です。

 

炒めたり揚げるのはもちろん、ご飯も炊きたての熱い状態では
ナットウキナーゼが壊れてしまいます。

 

少し蒸らして冷まし、適温の状態でごはんと一緒に食べましょう。

 

また、酸でも破壊されてしまうため他の食品と一緒に食べるのがいいですね。
空腹時には胃酸が分泌されているので、納豆だけを食べると
ナットウキナーゼの効果は落ちてしまいます。

 

納豆ダイエットサプリは胃酸の影響を考慮してカプセルに
閉じ込めたものが多いので、あまり酸で破壊される事は気にしなくても良さそうです。

 

 

納豆を食べ過ぎたら血がサラサラになりすぎてしまうのでは?

 

ナットウキナーゼの血栓を溶かす作用で血液がサラサラになる事は分かりましたよね。
では、サラサラになりすぎたら出血したときに止まらなくなってしまうのでは?
と懸念する声も時々見られます。

 

確かにサラサラにする効果は高いですが、納豆は同時にビタミンK2も
一緒に摂取できます。

 

ビタミンK2には血液を凝固させる作用があるため、サラサラ効果と
合わさり絶妙なバランスになっているので血液が止まらなくなるほど
サラサラになる事はありません。

関連ページ

ナットウキナーゼの効果とは?
納豆ダイエットサプリの効果とはどんなものでしょうか?ダイエットとしてどのような作用をするか紹介しています。
納豆ダイエットサプリの飲み方の副作用について
納豆ダイエットサプリのどのような飲み方が一番効果があるのかを紹介しています。また、副作用などの有無に関しても説明しています。